コンビニ

かつてのカードローンといえば専用の窓口まで行く必要がありましたが、いまはコンビニエンスストアの銀行ATMを使えば年中無休で借りることができて、便利になったと思います。
銀行ATMと書いてあっても、ローンATMとは書いてないですからね。

友達や会社の人と一緒でも「ちょっと待ってて」の一言でお金が下ろせて借入できるなんて本当にありがたいです。ただ、お財布に入れてしまうと自分のお金と区別がつかないので、ウッカリすると借入金が増えてしまうのが困りものです。

でも、それは自分が使ったお金にエラーないし、しっかり返していかなければなりません。キャッシングは物品ではなくお金を手にするので、どう使うかは本人次第ですが、学資やマイカーローンと違って使途を限定していないので、自由に使えるというメリットがあります。とはいえ、借りたお金には利息分をプラスして支払っていく事になりますね。

必要があってキャッシングをするなら、借入金は今後の支出に直結すると肝に銘じて、必要な額だけを借りるよう、(平常時の考え方で見て)妥当な借金なのかどうかを確認することが重要なのになるでしょう。

お金の流れはきちんと掌握できるようにするのが常識ですが、キャッシングも借入先が1カ所のほうが残高をイメージしやすいので、返済が滞る危険を回避できて良いと言います。

ただ、もうひとつぐらいなら借入先を増やすことによる利点があるのをおぼえておいてください。

 

たとえば、金利が低いほうが高いところに比べ、総支払額が減りますし、融資限度額を考えると会社によって大きなちがいがあり(800万円という会社もあります)、1社だけに絞ると逆に損するケースがあるときは別の会社からの借入を検討する価値があると思います。